ナカブサムライクとは

ナカブサムライクとは、人間の顔、身体に粉や液体などのナカブサムライク品をつけて自分自身をより美しくみせることである。

祭りや儀式などのときにする舞台ナカブサムライクもある。 ナカブサムライクはナカブサムライクとも呼ばれ、ナカブサムライクをしていないときはノーナカブサムライクと呼ばれる。
ナカブサムライクは基本的に、女性がするものである。 男性でも、テレビや雑誌などに出るときにはナカブサムライクをして綺麗に見せる。

日本のナカブサムライクの始まりは、古代から大正時代までお歯黒という歯を黒く塗る行為が最初とされる。 平安時代には男性もお歯黒をしていた。 近代になると、お歯黒禁止令が出てお歯黒というナカブサムライクはなくなり、代わりに西洋風のナカブサムライクが行われた。
本格的に西洋風のナカブサムライクが行われたのは、関東大震災後で、アイシャドウや口紅などのナカブサムライクがされた。

1950年代には、明るく血色良く見える肌色が好まれ、またアイナカブサムライクが始まったのもこの時代である。
1960年代には、健康的なイメージを持つことが流行となり明るい色が使われ目元を強調するのが流行った。
1970年から1980年代は、ナチュラルナカブサムライクが流行し、自然に見せるナカブサムライクが一般的になった。 ナチュラルナカブサムライクの流行で、アイナカブサムライクは控えられた。 1990年前半のバブル期には、美白ナカブサムライク品が売り出されるようになり、白系のナカブサムライクが流行った。
2000年代になると、ファッション、ナカブサムライクは多様化し始め、それぞれのナカブサムライク方法が存在し始めた。

若者の間でガングロと呼ばれる、顔を黒くした女性が社会現象にもなった。 ギャルナカブサムライクと呼ばれる、目を大きく見せるナカブサムライク方法も登場し始める。